LIFE MART ペットと暮らす

カテゴリ: 【犬用】目のケア


オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g



オプティミューン眼軟膏は、有効成分のシクロスポリンを配合した犬用の乾性角結膜炎治療薬です。

犬の乾性角結膜炎は、自己免疫疾患などが原因で涙の分泌量が減少することでドライアイの状態となります。水分を失うと、油性の粘液層が眼の表面を覆い、炎症・細菌感染などが生じやすくなります。

成分のシクロスポリンは、免疫抑制の作用が強力で、眼に使用することで涙の生産量を増やし、犬の眼周辺の汚れや目ヤニを取り除きます。

オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g


クララスティル(Clarastill)



クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬となります。
犬も人間と同じように目の病気にかかります。
一般的な目の病気として、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがありますが、中でも白内障は人間同様に老化が殆ど原因となり、罹病率が高い病気と言われています。
白内障の病気にかかると、透明である目の水晶体が少しずつ濁っていくことで視力が低下し、日常生活に支障が出るようになります。
また、白内障を放置しておくと、失明する場合もあります。

クララスティルの成分である「Nアセテルカルノシン」は、目の水晶体の濁りを抑制する作用があります。
点眼で目に入ると、成分「Nアセテルカルノシン」が天然のカルノシンに変わり天然酸化防止を促進します。
その結果、水晶体の酸化を抑制し回復させることができます。
また、この作用は10年以上の臨床実験で証明されており、また、安全性面でも欧州の医薬品安全規格を取得している優れた点眼薬となります。

クララスティル(Clarastill)


C-NAC(クララスティルと同内容)



C-NAC(N?アセチルカルノシン)は白内障治療薬クララスティルと同成分の犬用の目薬です。

一般的に、目の病気は、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがあげられますが、白内障は加齢による老化現象が原因とされています。犬も人間と同様に加齢とともに老化が進んでいきます。また、白内障は目の水晶体が白く濁っていくことで視力が低下し、そのまま治療をせずに放っておくと失明するケースもあります。

主成分であるN-アセチルカルノシンは、特にアジアおよびロシアで研究が盛んに行われており、白内障の治療に適していることが明らかにされています。

白内障は、水晶体たんぱく質とアスコルビン酸塩が長年にわたり交差結合すること(糖化)で、水晶体が硬化・色変することにより引き起こされます。房水(水晶体を取り囲む液体エリア)内では、天然の防衛機能をもつ抗酸化物質が加齢により減少するため、このプロセスが高濃度で進行していきます。

主成分のN-アセチルカルノシンは、L-カルノシンを目の房水に送り込みます。L-カルノシンはそこで天然の抗酸化剤として働き、水晶体のたんぱく質が、フリーラジカルによって酸化されるのを防ぎます。

C-NAC(クララスティルと同内容)


ヴィジョケア(Visiocare)



ヴィジョケア眼軟膏は、犬の乾性角結膜炎治療薬であるオプティミューン眼軟膏と同成分シクロスポリンを配合した眼軟膏です。

犬の乾性角結膜炎は、自己免疫疾患などが原因で涙の分泌量が減少することでドライアイの状態となります。水分を失うと、油性の粘液層が眼の表面を多い、炎症・細菌感染などが生じやすくなります。

シクロスポリンは、免疫抑制の作用が強力で、眼に使用することで涙の生産量を増やし、犬の眼周辺の汚れや目ヤニを取り除きます。

ヴィジョケア(Visiocare)


【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)



クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬となります。
犬も人間と同じように目の病気にかかります。
一般的な目の病気として、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがありますが、中でも白内障は人間同様に老化が殆ど原因となり、罹病率が高い病気と言われています。
白内障の病気にかかると、透明である目の水晶体が少しずつ濁っていくことで視力が低下し、日常生活に支障が出るようになります。
また、白内障を放置しておくと、失明する場合もあります。

クララスティルの成分である「Nアセテルカルノシン」は、目の水晶体の濁りを抑制する作用があります。
点眼で目に入ると、成分「Nアセテルカルノシン」が天然のカルノシンに変わり天然酸化防止を促進します。
その結果、水晶体の酸化を抑制し回復させることができます。
また、この作用は10年以上の臨床実験で証明されており、また、安全性面でも欧州の医薬品安全規格を取得している優れた点眼薬となります。

【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)

このページのトップヘ